いい交流を

  • 2016.10.24 Monday
  • 16:12

子供のSNSを通じたわいせつ被害。みなさんどう捉えていますか。
こんなニュースが流れていました。
「交流サイトでの未成年の被害が過去最多」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/283117

 

20年以上前でしょうか
パソコン通信なんて時代もありました。
電話代を気にしていたあのころには想像もつかない世界じゃないでしょうか。

パソコンがちょっと触れたらオタクやハッカーなどと軽々しくと呼ばれていたのに
今ではオタクもハッカーも当時みんながイメージしていたものと定義が変わっているんじゃないでしょうか。
専門学校以外でもパソコンの教育が行われ
世界中でWi-Fiが飛び交い
モバイル端末いわゆるスマホを持たないものは淘汰され
公共機関では誰もがディスプレイを見つめています。

 

うーん
ゲームのやりすぎは現実世界との区別がなくなり危険だとか言うことをたまに聞きますが
どっかの機関が研究の結果、関連性はまったくないと言ってました。
私もゲームのやり過ぎが犯罪性や狂暴化に繋がるとは思っていないクチです。
それどころか
ゲーム自体はストレス解消や頭の体操に良いと思うんですよね。
麻雀なんか認知症予防にいいし、デイサービスなんかで卓を囲んでいるところも多いですよね。
なんでもやりすぎは当然ダメですけど。
ただ、この”ゲーム”という言葉を”SNS”や”ネット”に置き換えた場合は
話は違うと思うんですね。

 

SNSはゲーム(遊び)の要素はほとんどなく、ほぼ現実だからです。
ジョーク・冗談で済む言葉遊びはあるかもしれませんが、
リセットできるゲームとは違いますもんね。
SNSのゲームオーバーは”退会”でしょうか。
たぶん、炎上とか絶縁でしょう。
ディスプレイに映るのはテキストじゃなく現実です。
コンピュータが発する言葉ではなくて、
知り合い、見知らぬ人、男か女かもわからない誰か
いろんな人間が発した言葉なんですよね。

 

そんなに都合よく
お金だけもらえたり
優しくされたり
Hできたり
するわけないじゃないですか。
自分がいくら誠意を持っていても真面目でも
そんなことにホイホイ乗ってくる人は誠意があって真面目なんでしょうかね。
大体わかるんですよ。
大人から見たら子どもなんて。
大人が子供をだますのなんて大人からしたらカンタンだと思います。
だからSNSが普及するにつれて
ネットに長けた大人が子どもの好奇心をくすぐって
ひどい目に遭わせるんです。

それで傷ついた子供たちが現時点、過去最多なんです。

 

手口は巧妙化されています。
すごいスキルと執念があるもんだとITを仕事にするもの達も舌を巻くほどです。

 

正しい交流は孤独な人、困っている人を救う場合があります。

交流することで世界が広がり、人と繋がることはむしろ良いことです。

だからシャットアウトするわけにもいかない難しいところです。

 

少しでも犯罪被害を未然に防ぐには
フィルタリングの設定や監視も大事ですが、
親子のコミュニケーションだったり
知識をつけることだったりするんだと思います。
少しでも、心に傷を負った子供が増えないようにしたいものです。

 

最近、お客様のお庭に咲いていた花です。

気分は晴れやかに(^^)

ベストパフォーマンス

  • 2016.09.01 Thursday
  • 18:13


先日、恥ずかしながらテレビに出ました。
パソコンピーチの森田です。

 

少しだけ涼しい風が吹くようになってきましたね。
夏の終わりはいつだって寂しく感じますが、
暑いよりは涼しい方がカラダが楽に感じるから
夏よ早く終わってくれというのは
ここ数年の感じ方です。

 

最近の楽しみはもっぱら娘の写真撮影です。
お義父さんに一眼レフを借りていまして、
今までおもちゃのような1万円くらいのコンパクトカメラしか
使っていなかったものですから、一眼レフの楽しさに今頃気付き始めています。

娘以外で最近とったのがこれ。


酒造に行った時に普段と違うのが飲みたいと言ったら、
これを出してくれました。
確かに見たことがない…

カメラが違うだけでいつもよりいい具合に撮れます。

肝心の味は…まだ愛でるだけで飲んでいません。

きっと美味しいはず。

 

望遠レンズも借りておりまして、
お盆に花火の音が遠くから…
ベランダから数枚撮ってみました。

うーん・・・手前のマンションがちょっとジャマです。

でも新しいアイテムを手に入れると楽しいですね。
こういう楽しみを伝えていきたいです。


デジカメと一緒に熱くなっていたのがオリンピック。
今年はいろんな試合を見ることができました。

そんなリオオリンピックも翼くんと岬くんがシュートしてドラえもんが土管作って
安倍首相がマリオで瞬く間に終わってました。

いろんなメダル獲得や入賞がある中、
個人的にひときわ泣けたのがレスリング吉田選手の銀メダルでした。
”期待に答えられなくてすみません”と泣きながら話す姿に
「よくがんばったよ。素晴らしい。胸を張って帰ってきてほしい」
みなさんも同じ想いだったと思います。
期待が大きければ大きいほど、
実績が積まれた人ほど、
その想いに応えようとする気持ちも膨らむんだと。
謝る必要なんてないのでしょうけど、
周囲の支えと重圧があってあういう言葉になったのかなと。
トップはどの立場でも孤独ですから
自分との戦い
支えに応えたい
自分が許せなかったんだろうなと考えると
胸が締め付けられるようでした。

これほど霊長類最強と言われる王者でも
こんなことが起きるオリンピックという一発大舞台。
ここで結果を残すということがどれほど大変なのか
バレー、テニス、サッカー、バドミントン、卓球、水泳、柔道など
他の競技を見ていると「ン十年ぶりのメダル獲得」とか言ってるじゃないですか
それって歴史に名を残すような偉業ですよね。
それもすごいのに、連続でメダルを取り続けることなんて
それもすごすぎることじゃないですか。
結果だけで「メダル獲得しました」>「すごい」となるけど
そこまでに選手が払った犠牲なんてとんでもないものだろうなと。
それと引き換えにしても獲れないメダルもあるんですよね。

100%のパフォーマンスをいかに実現できるか
もしくは70%ぐらいのパフォーマンスしか発揮できなくても
世間でのベストを体現できるか
余裕こいてでも金メダル獲れればすごいということですが、
そんな方はいないですよね。
予選で余裕を見せるあのボルトも必死だったと思います。

私の理想は常に70%ぐらいの力で。というと、手を抜くように感じますが
肩の力を抜いて、ニュートラルの状態で最高のパフォーマンスができるように
なれたらいいなぁと思います。

 

いや、テレビに出たんですよ。
アサデスの1コーナーで”未成年のスマホ被害”が増えているということで
VTRで助言するということで取材を受けまして。
放送日の前日、その日最後のお客様が帰られる直前に、
受講しているシーンから撮影がありまして。
それからそのまま取材で。
夜9時を回っていました。
テレビカメラを近くで向けられっぱなしとか経験ないものですから。
うまく話そうと思えば思うほど、自分で何言ってるかわからない状態に(笑)
120%のパフォーマンスを発揮しようとした結果、
30%ぐらいの結果でしょうか(笑)
肝心の放送はというと、無難に?60点ぐらいにまとまってました。
さすがプロは編集上手。
「また、お願いします」と言ってもらえたのが救いでした。

話した内容は、

”本業をおろそかにするほどスマホに依存しちゃダメですよ”

てことと

”未成年はスマホでも親がしっかり保護して下さい”

ということです。

親がスマホについていけないとか嘆く前に、

コミュニケーションをしっかりとることが大事です。

 

もし次の機会があるのなら
犠牲を払っているわけでもないのですから、気負わずに
ニュートラル、自然体のまま、いいパフォーマンスを発揮できるようになっていたい。
そして、心の中でインタビューに胸を張って応えたいと思います。
(この喜び誰に伝えたいですか?)
”周りで支えてくれた家族やお世話になったみなさんに感謝の言葉を伝えたいです。”
とか、一回言ってみたい。

 

 

甘くも辛くも

  • 2016.07.10 Sunday
  • 11:04

久しぶりのブログです。
蒸し暑い毎日が続いていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
「暑気払い」という気の利いた魔法の言葉をよく耳にしながら
ジョッキを傾ける機会も多いのではないでしょうか。

 

先日6/29、無事に娘が生まれまして
ただ今、自宅と嫁の実家を行き来する毎日を送っております。


久しぶりに一人暮らしをしているのですが、
普段やらない、一人晩酌をしたり、

外で飲んだりとお酒の機会が多少増えております(笑)
めでたいことなのでよしとします。


最近ビールが苦手で日本酒にはまっています。
お勧めは藏心と能古見。
鍋島なども有名ですが、地元鹿島のお酒たちです。
甘めでコクのあるしっかりした味が地元には多いように感じます。
新潟のお酒とはタイプが違います。
もちろんフルーティさもあり、薫り高く飲みごたえがあるものなので、
満足感を得られること間違いなし。お勧めです。
この時期、冷やしてキュッといく瞬間至福です。
辛口のお酒も食事に合わせて選ぶことがありますが、
甘いのが好きですね。

というか、辛くても甘くても周りの友人や仕事仲間など

素敵な方たちと飲むお酒は何でもうまいんです(笑)

 

 

お酒の話とはまったく無関係ですが、
先日、あるお客様のお宅に仕事で伺いました。
20代女性のお宅でしたがかわいらしい素敵なお部屋でした。
そこで目についたのが鳩時計。
からくり時計ともいうのでしょうか。
かわいいながらもクラシックな良い雰囲気の時計でしたので、
思わず「いい時計ですね」と。
それがなんでも、自分が生まれたときに両親から贈られたもので
ずっと自分と過ごしてきているとのこと。

 

大きなのっぽの古時計のリアルな話じゃないですか。
この話は何かのご縁に感じまして。
翌日、早速奥さんに相談して時計を娘に贈ることにしました。

 

ネットで注文するのですが、
お祝いとして時計を贈ることは一般的に多いのですね。
企業にお邪魔したときには”○○贈”みたいなのを見た気もしますが、
記念のプレートを別注で張り付ける際に、
入学祝や誕生日、結婚祝いなど様々なサンプルがありました。
(今後なにかの贈り物としていいかもなー)
鳩の泣き方も動画で確認できたり
(BGMに川のせせらぎとかおしゃれすぎる・・・)
ハイジやユキちゃんがいたり
(あんまり似てないけど)
曲が12曲内蔵で毎時違うのが流れたり
まぁ自分が思っていたクラシカルなものは表面だけで
中はしっかり電池式で、本格的なものは
でか過ぎて我が家には不釣り合いだし。
ということで、こんな感じのにしました。

 

甘くも辛くも充実した時間を
時には家族一緒に
時には素敵な人たちと
時には一人静かに
刻んでいってほしいと思います。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM