ベストパフォーマンス

  • 2016.09.01 Thursday
  • 18:13


先日、恥ずかしながらテレビに出ました。
パソコンピーチの森田です。

 

少しだけ涼しい風が吹くようになってきましたね。
夏の終わりはいつだって寂しく感じますが、
暑いよりは涼しい方がカラダが楽に感じるから
夏よ早く終わってくれというのは
ここ数年の感じ方です。

 

最近の楽しみはもっぱら娘の写真撮影です。
お義父さんに一眼レフを借りていまして、
今までおもちゃのような1万円くらいのコンパクトカメラしか
使っていなかったものですから、一眼レフの楽しさに今頃気付き始めています。

娘以外で最近とったのがこれ。


酒造に行った時に普段と違うのが飲みたいと言ったら、
これを出してくれました。
確かに見たことがない…

カメラが違うだけでいつもよりいい具合に撮れます。

肝心の味は…まだ愛でるだけで飲んでいません。

きっと美味しいはず。

 

望遠レンズも借りておりまして、
お盆に花火の音が遠くから…
ベランダから数枚撮ってみました。

うーん・・・手前のマンションがちょっとジャマです。

でも新しいアイテムを手に入れると楽しいですね。
こういう楽しみを伝えていきたいです。


デジカメと一緒に熱くなっていたのがオリンピック。
今年はいろんな試合を見ることができました。

そんなリオオリンピックも翼くんと岬くんがシュートしてドラえもんが土管作って
安倍首相がマリオで瞬く間に終わってました。

いろんなメダル獲得や入賞がある中、
個人的にひときわ泣けたのがレスリング吉田選手の銀メダルでした。
”期待に答えられなくてすみません”と泣きながら話す姿に
「よくがんばったよ。素晴らしい。胸を張って帰ってきてほしい」
みなさんも同じ想いだったと思います。
期待が大きければ大きいほど、
実績が積まれた人ほど、
その想いに応えようとする気持ちも膨らむんだと。
謝る必要なんてないのでしょうけど、
周囲の支えと重圧があってあういう言葉になったのかなと。
トップはどの立場でも孤独ですから
自分との戦い
支えに応えたい
自分が許せなかったんだろうなと考えると
胸が締め付けられるようでした。

これほど霊長類最強と言われる王者でも
こんなことが起きるオリンピックという一発大舞台。
ここで結果を残すということがどれほど大変なのか
バレー、テニス、サッカー、バドミントン、卓球、水泳、柔道など
他の競技を見ていると「ン十年ぶりのメダル獲得」とか言ってるじゃないですか
それって歴史に名を残すような偉業ですよね。
それもすごいのに、連続でメダルを取り続けることなんて
それもすごすぎることじゃないですか。
結果だけで「メダル獲得しました」>「すごい」となるけど
そこまでに選手が払った犠牲なんてとんでもないものだろうなと。
それと引き換えにしても獲れないメダルもあるんですよね。

100%のパフォーマンスをいかに実現できるか
もしくは70%ぐらいのパフォーマンスしか発揮できなくても
世間でのベストを体現できるか
余裕こいてでも金メダル獲れればすごいということですが、
そんな方はいないですよね。
予選で余裕を見せるあのボルトも必死だったと思います。

私の理想は常に70%ぐらいの力で。というと、手を抜くように感じますが
肩の力を抜いて、ニュートラルの状態で最高のパフォーマンスができるように
なれたらいいなぁと思います。

 

いや、テレビに出たんですよ。
アサデスの1コーナーで”未成年のスマホ被害”が増えているということで
VTRで助言するということで取材を受けまして。
放送日の前日、その日最後のお客様が帰られる直前に、
受講しているシーンから撮影がありまして。
それからそのまま取材で。
夜9時を回っていました。
テレビカメラを近くで向けられっぱなしとか経験ないものですから。
うまく話そうと思えば思うほど、自分で何言ってるかわからない状態に(笑)
120%のパフォーマンスを発揮しようとした結果、
30%ぐらいの結果でしょうか(笑)
肝心の放送はというと、無難に?60点ぐらいにまとまってました。
さすがプロは編集上手。
「また、お願いします」と言ってもらえたのが救いでした。

話した内容は、

”本業をおろそかにするほどスマホに依存しちゃダメですよ”

てことと

”未成年はスマホでも親がしっかり保護して下さい”

ということです。

親がスマホについていけないとか嘆く前に、

コミュニケーションをしっかりとることが大事です。

 

もし次の機会があるのなら
犠牲を払っているわけでもないのですから、気負わずに
ニュートラル、自然体のまま、いいパフォーマンスを発揮できるようになっていたい。
そして、心の中でインタビューに胸を張って応えたいと思います。
(この喜び誰に伝えたいですか?)
”周りで支えてくれた家族やお世話になったみなさんに感謝の言葉を伝えたいです。”
とか、一回言ってみたい。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM