シルバーな日々

  • 2015.08.25 Tuesday
  • 17:28
台風一過。
お盆も過ぎたら次の楽しみはシルバーウィークでしょうか。
既にシルバーウィークの予定を立てている方も多いでしょう。
私は敬老の日と秋分の日が続くこの時期には
祖母に会いに行き、お墓参りするのが恒例となっています。

お彼岸ですね。
昼と夜の時間が同じになるこの時期がなくなった方への想いが
伝わりやすいらしいです。
春分の日を境にした前後3日間が春のお彼岸
秋分の日を境にした前後3日間が秋のお彼岸ですね。
お供え物のおはぎも
春はぼたもち(牡丹)、秋はおはぎ(萩)と言います。
つぶあんとこしあんの違いとかもち米かどうかとか
ウンタラカンタラという場合もありますが
その辺の違いはわかりません^^;地域差もありそうです。

個人的におはぎは好きですが、
祖母が喉にでもつまらせたら大変なので
帰省の際に別の手土産を買っていきます。
しょうもない手作りのアルバム写真や
バッグだったりパンやお菓子だったり
2年前に青い布のバッグをあげた時は大変喜んでくれていました。

祖母は実家から車で30分ぐらいのところに住んでいるので、
実家に帰る前に寄っていきます。

田舎なので玄関なんかは開けっ放しです。
「ごめんくださーい」と言っても反応はまずありません。
大体裏の畑とかにいます。
「連絡してから来んね」と言われますが、
ご年配の方々は漏れ無く時間を気にしてソワソワされるので
敢えて連絡はしません。サプライズです。

まー元気なばあちゃんでして、80後半ですが
しゃべりもしっかりして、平日はいっつもどっかに出かけてます。

ここ数年、”孫の顔を忘れたりしていないだろうか…”
と訪ねる度に玄関口の直前で思うのですが、
毎年杞憂に終わっています。

おばあちゃんなのであんまりオーバーリアクションはしないのですが、
2年前青いバッグをプレゼントした時だけは少し驚いた様子で
バッグをしげしげと眺めていました。
「ちょうどこんなのほしかったー」
と、いうのを方言で
「ちょうどがんとばほしかったさー」
とまで言ってもらい、私は満足気に実家に帰りました。
祖母にプレゼントをあげるとか、男としてはちょっと恥ずかしさもあり、
自分の親兄弟・親戚には言いません。
奥さんと二人でよかったねーと言いつつ実家に帰り、
「ただいまー」玄関を開けた矢先にですね

妹&オフクロ:「ばあちゃんに紫のバッグばやってきたろ!?」
[ばあちゃんに紫色のバッグをあげてきたでしょ!?]

(この人たち独居老人宅をカメラかなんかで監視しているのか?)
(それとも後をつけられていたか?)

なんてことはなく。ただ祖母が電話で報告してただけでした。
人のうわさとおしゃべりが大好きで、口が軽い祖母ですが、
情報伝達の早さを肌で感じた出来ごとでした。
行動を起こせば情報は素早く伝わるんですね!
ただ若干色合いが変わっていたのはご愛嬌です(^^ゞ


5月の連休、ゴールデンに対するシルバーウィークですが、
元気なシルバーな方々を労って元気を貰いに行く
そんなシルバーウィークであってもいいかなと思います。

私のお客様にも70、80代が何名もいらっしゃいます。
そんな方々のパソコンに対する向上心にはホントに敬服致します。
パソコンについては私が師ですが、人生において師の皆様には
私もいろんな事を教えて頂いております。
時として癒やしと元気を分け与えてもらっている。
そんな気さえします。

9月はパソコンや家電製品の新機種が発売される時期です。
おじいちゃん、おばあちゃんにパソコン・スマホをプレゼントしたい方。
使い方を教えるのはお任せ下さい♪

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM