紙パックとドライヤー

  • 2015.07.23 Thursday
  • 09:33
何年か前に気付いたんですけど
カゴメの紙パックの野菜ジュースあるじゃないですか。
小学校で牛乳パックやオレンジジュースのパックを
たたむように教えられたんですけど、そのクセが未だに抜けなくて
パックを捨てるときにたたむんですけど
たたんだ時に見える部分に
「たたんでくれてありがとう」ってメッセージがあるんですね。

(いえいえどういたしまして)
と思いながら毎回ほっこりしてます。

カゴメさんもありがとう。
知ってしまったが故にいつもお礼を確認するようになりました。
他のメーカーさんもやったらいいのにッて思います。

逆に知らなくてもいいこともあるんですね。
私の趣味の一つでお風呂があります。
お風呂と言っても温泉やスーパー銭湯のことです。
お風呂と言っても湯船よりはサウナがメインです。
実家に帰ると地元の温泉のサウナに行きます。
そこでウチのオヤジによく遭遇します。
「おう、おかえり」
「おう、ただいま」
お前らはサウナに住んどんのかい。

私は風呂あがりにどうしても許せないことがあります。
でも、言えずにいます。初告白です。
それはオジサン、いえ敢えてオッサンと言わせてもらいます。
オッサン達のドライヤーの使い方です。
だって、ドライヤーで股間乾かしてんですよ。
それもロック歌手よろしくイスや洗面台に片足上げて
マイクならぬドライヤーを股間にあて恍惚とした表情を浮かべるオッサン。
そこにオーディエンスがいたら大変な盛り上がりです。
ある意味の熱気がオッサンの股間をすり抜けてバックに立つ私に浴びせられます。
カリスマなんちゃらみたいな手さばきで器用にドライヤーを操り、
前から後ろから留まることを知らない。
アソコ周辺に巻き起こる熱気の嵐。
屁でもされたらテロ行為ですよ。

私の持ちモノではないし、間接的だし、
潔癖症ではない私も、
オッサンの股間に直接触れていないとは言え
さすがに至近距離で風を送り続けていたその機器をすぐさま自分の頭に向けて
送風したいとは思いません。
いや、そこに何もないですよ。
ただ、数秒前まで股間に向けられていた機器を数秒後は若いおにいちゃんが
自分の頭に向けてるんですよ。
そこにすっごい違和感を感じるのは私だけでしょうか。
知らなければいいことってこのことでしょうか。
多いですよこういうオッサン。
毎回1〜2人はいます。

大衆浴場にはルールがあるじゃないですか、
タオルを湯船につけないとか
かかり湯してから入るとか
サウナの前には体を拭くとか
それに”ドライヤーは股間にあてない”をぜひとも追加して欲しい。
オヤジには説教しておきました。


話は変わりますが
先日、ある知人がおっしゃっていました。
「写真をインターネットに保存するとかキケンすぎてできない」

写真を撮られるので、機器が壊れた場合のために
バックアップをお勧めしたときのお話です。

一理ある話なんです。
今ではicloudとかDropbox、Googleドライブ、OneDriveなど
各社がクラウドストレージサービスを行っております。
容量もある程度無料です。

私なんかは抵抗なく何年も前から使っていますが、
今から始めようという方には抵抗を感じることかもしれません。

だって、利用するには何かしらの情報を登録しなければなりません。
大半はメールアドレスだけでいいのですが、情報を登録するのはねぇ…って人は壁がありますよね。
だって、クラウドに預けていた写真が流出したとかニュースにもなったし、
最近は年金情報の流出やマイナンバーだとか嫌でも耳に入ってきます。

SNSやいろんなサービスを
登録しない
使用しない
というのが、一番の防護策だったのにマイナンバーなんか
無理やりアカウントをひも付けされるようなものだからですね。
怖い怖い。

だから慎重にならないといけないんでしょうけど。
そこで、いろんなサービスに参加しないというのもちょっとな…とも思うんです。

ネットは怖いから使わない…って言ってるのと
落ちたら怖いから飛行機のらない…って言ってるのと
そう大差がないように思うんですよね。

それでも使いたくない人は無理して使う必要はありません。
でも、
子供にネットを使わせたくないという大人の方には私は反対なのです。
子供はいずれネットを利用する世界で生きていかないといけませんよね。
それを危ないからダメとかハマりすぎるからダメとかって言うのは大人の都合だと思っています。
それより、
どんなに危ないのか、どのように使えばいいのかを教えるのが務めですよね。
煽りに耐性をつけろとまではいいませんが、
自由なネットの世界で真実とウソ、
情報の取捨選択ができるようにならないと
大人になって情報に踊らされてはいけないと思うんです。
自分の身は第一に自分が守らないといけません。

だから、子供より先に大人にネットの世界を学んでほしいし、
ご年配にだって安全に使えば便利なものだということを認識してもらい
情報を広げていろんな輪を持つ手段として活用してほしいと思っています。
私は、仕事を通じて安心して便利に楽しむための手段をお教えしたいのです。

では、クラウドストレージの話ですが、
他所にデータを預けることと
自分で持っていることの
どちらが安全かという考えもあると思うんです。
”安心”ではなく”安全”ですね。

ほぼ毎日のように情報漏洩の事件は起きています。
細かく報道されていないだけなんですね。
個人情報を取り扱う事業者は漏洩した場合には
速やかに公表する必要があるのですが、
それが意外に多いんですよね。
それらの多くの原因は人の”うっかり”です。
管理ミス、誤操作、紛失や置き忘れで3/4以上なんです。
次いで盗難、不正な持ち出し、内部の不正とかで
不正アクセスやウィルスなんて全体の1~2%ぐらいなんですよ。

icloudが一回ハッキングされたときはニュースになりましたけど
誰もが使っているGmailやYahoo!メールもクラウドサービスとして
大して変わんないですよね。
これらだってアカウント乗っ取られたらおんなじです。
飛行機だって落ちることあったけど、みんな乗ってますしね。
いや、落ちてもイイって言ってるわけではなく、
そんなこともあったけど信頼が高い乗り物だよということです。

だから、見ず知らずのヒトに狙われることを恐れるより、
自分や身の回りから情報を守ることが大事なんです。

どちらかというと最近怖いのは
セキュリティ対策を考えもしないのに”漏れるのが怖い”と言っちゃってるヒト
肌身離さず持っているスマホだったら故障や失くす可能性高いですよね。
パスワードを安易なものにしたり、付箋で貼ってたり
覗き見されるようなところで触ったり、盗まれたり
ウィルス対策もしてなくて、簡単に知らないメール開いたり
ネットで変なサイト見たり、変なアプリ入れたり
契約内容読まなかったり、データを整理してなかったり
変・卑猥な写真撮ったり、誰かに貸したり
確認もせずに”送信”したりと
こんなヒトが少なからず居て、漏洩させていることなんです。

こんなにリスク背負っておきながら自己防衛できないなら
自分のスマホやパソコンには保存せずに
クラウドに預けたほうがかえって安全じゃないかなと思っています。

知らないといけないことは知らずに、
知らなくてもイイ情報から余計な行動が生まれているんですね。


えぇ個人で持ってるデータなんてほとんどがそんなに他人にとって価値が有るものではないんですよ。
でも、その中で気を付けないといけないのは
住所録、名簿系=これは大事に扱って下さい
裸の写真(大人でも子供でも)=これはダメです消しましょう。思い出ならDVDにコピーして保存しましょう。
団体の写真=これも大事に扱って下さい
悪ふざけの写真=不謹慎、犯罪行為は黒歴史じゃすみませんよ。

こういうのの管理を変えるだけでもセキュリティは上がると思います。

大人の方々にはちょっとは情報保護の事考えて
過敏になりすぎずに真っ当に新しい技術を使ってみて
子供たちに善し悪しを教えてほしいなと思います。

「最後まで読んでくれてありがとうございます」


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
パソコンピーチのウェブサイトはこちらから♪
http://pc-peach.com/
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM